Yoshi Astonishment (89 pages)

http://www.envinfo.org/Yoshi%20Astonishment.htm

This file is copied from:

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Astonishment.htm

 

http://yoshi-tex.com/Fuku1/T-Fuku1.jpg

 

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1Mo.png

初稿:2013年1月26日 最終更新:2013年12月14日
文責  株式会社 イソップ  代表取締役  岩田   いわた・きよし=文責者=筆者

先ず此の「駒落し超鈍足動画」を御覧下さい

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1C/U1C.gif

 元の動画は、こちらにありましたが、安倍内閣に成ってから 著作権を理由に消されました
 しかし、世界の眼は、安倍の意向と真逆
 リンク先を海外に変えれば、未だ視られます
 此のニュースで紹介されて居る、一般には「水素(白煙)爆発」として知られて居る1号炉爆発動画の冒頭の「特に重要なシーン」を、私が「超鈍足」に仕立て直した物が、上掲の「GIF動画」です。

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1C/107-1.jpg

先ず、一瞬光って
私も含め、今まで、誰も、此の様に発言して居なかった!)

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1C/107-4.jpg

衝撃波を放ち
ガンダーセンさんの「音速以下の爆発」と云う解説は間違い!)

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1C/109-2.jpg

黒煙を噴き
専門家でさえ「既知ではない」微小な核臨界爆発が起きた?)

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1C/110-1.jpg

放射性核物質が飛散
これが双葉厚生病院を直撃した放射線源か

 爆発の翌朝、広河隆一さん達が 此の動画  の後半で検出されて居る高放射線量を放つ物質は、上掲写真に写って居る微細な瓦礫の着地の所為の可能性が大でのようです

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/U1Sec1.gif

 海外で入手した、「福島中央TVオリジナル動画」を、「駒落としで1駒1秒」に仕立て直すと、小さいですが、それでも、衝撃波と、 双葉町の厚生病院方面に飛散した「放射能汚染された微細瓦礫の塊」の存在とが確認できます! 

 ユーチューブで 映像ソース元の、福島中央TVが「自慢気に」制作した動画  発見しました
単なる水素爆発ではない、幾つかの要素が絡んだ複合爆発である
事を知ってしまうと、国民に対して、此の様に、福一原発事故の1~4号炉の損壊原因を、 全て「水素爆発だった」と言い包めるインチキを、国民の脳裏に摺込んで、逃げ切ろうとする東電と政府に対して、もっともっと素早く、且つ、 もっともっと激しく怒らなかった自分自身の言動を悔やまれて成りません

 1号炉爆発も音速を超えた衝撃波を伴った爆発である事を、私は1号炉爆発当初から、 この動画 で知って居ました
 と同時に 音速を目安にして 1号炉爆発と3号炉爆発の違いを説明するガンダーセン氏の解説 に呆れました
 1号炉の爆発も、明らかに音速を破って居ると見做し得たからです。

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/JNES2.jpg

ガンダーセン氏の勘違いを嘲笑うかのように、東電擁護の為に、水素爆発(Hydrogen explosion)と
爆轟(Detonation)とを結び付けて書いて居る、政府のプレゼン資料 <画面クリックでPDF資料

しかし、上掲の図は
東電・政府・原発推進派の意図に反して
私が、2011年3月11日夜以降、指摘し続けて居る、『1号炉は、地震直後に既に脳死状態。
放射性の沃素やテルルなどを噴出して居る。』との説を裏付けるものと成って居ます

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/Simuration.jpg

この図は特に重要!<画面クリックで上掲図面を含む全体像へジャンプ  上掲画像のオリジナル画面は、こちら

 

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110311IR/Part.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110311IR/20110311222559S496.jpg

地震当日夜の1号炉#1 <画面クリックで広域
広域拡大画面は、こちら

地震当日夜の1号炉#2 <画面クリックで拡大
文字無し広域画面は、こちら

 

 地震当日夜、自衛隊の近赤外線カメラが撮影した動画 も、 消去されましたが、私の手許に、ダウンロードしたものが残って居ましたから、これを、著作権侵害だとイチャモンをち付けられない様に「付加価値処理」しました。

 地震当日夜、自衛隊の近赤外線カメラが撮影した動画 の、 福一原発の1駒(上掲右)に記した、①1・2号排気塔、②1号炉南壁、③1号炉屋上から 出る、強い陽炎(=薄い湯気煙)は、翌朝、浪江町などで検出されたテルル132が、この①②から飛び出した物であることを、政府の、保安機構(JNES)と 自衛隊とが証明してくれた訳です。 駄目押し的に、JNESの、水素滞留シミュレーションの図を、色彩に関しては世界的に知られている「うるさ型」の可視化技術で 最適化して確認しました

 1号炉建屋内に於ける、原子炉から発生した水素ガスの流れの、JNESの解析結果図は、自衛隊撮影の映像では、5階天井に溜まった「熱い水素」が、 の「ガス抜き孔」から噴出し、壁に貼り付いた「熱い水素」が、②の地震で生じた罅割れから噴出して居る事に拠って「視覚証明」されて居ます。
 この「熱い水素」の漏洩に伴って、テルル132も、浪江町にまで飛出した訳です。

 1号炉の爆発が、「単なる水素爆発」ではなく、微小ではあっても、核爆発(核臨界事故)から始まって居る、すなわち、黄色の光りが 純粋な水素の爆轟に由る光ではなく、テルル132や、沃素131や、セシウム134、セシウム137等々の人工放射性元素が混じっている「非常に汚い光」である事が JENESと自衛隊と云う政府機関に拠って「科学的に」視覚証明された事は、JNESや自衛隊にとって驚愕的ショックを与えるでしょう! 当然 東電に驚愕的ショックを与える筈です
 しかし、裁判上、原発事故罹災者側に、非常に有利な形で、影響を与えますから、大変、喜ばしい事です。 「人の道」から外れた嘘は必ずバレるのです

 1号炉の「100%ピュアな」水素爆発説に対して、何らかの疑問を感じられた方は、私の、上述の視点に近い、 ハタ次男 さんの このブログ を併せて御覧下さい

 ハタ次男さんが疑問視されて居る「1号炉建屋5階の壁が暗く写って居る」のは、実は、1号炉建屋はブローアウトパネルではなく、1階~4階に比べて壁が薄いのです。
 この理由は水素ガスが高密度に溜まった万一の場合に備えて」破壊され易く造られて居たと云う事です。 此の事だけでも 原発は安全ではない事を、安全だと言い包める、原発関連企業、原発推進派は、大嘘吐き集団である事が判ります

 「万一、地震で原子炉が壊れて、冷温停止できず、核燃料を詰めたジルコニウム管が水と反応して、水が、酸化ジルコニウムと水素ガスとに化学変化した場合に備え、 ブローアウトパネル の発想以前に計画された1号機は、 壁と天井を吹き飛ばして、水素爆発を逃れると云う知恵しか無かったのです
 しかし、ブローアウトパネルが有効で、水素爆発を逃れられたのは、 2号炉だけです。 その2号炉も、パネルが外れて出来た窓から、今以て、物凄い量の放射能を放出して居るのですから、放射能被害を最小限に食い止める効果から見れば、 『むしろ、1号炉の様に、核燃料が「地下深く潜り込む」まで頑張って、それを見届けた形で「昇天」してくれた方が被害が小さかった。 後々の弊害をも考慮すれば ブローアウトパネルは、「害有って益無し。」』 とさえ言えます

 注意真実を知る為のウィキペディアですが・・・

 
ブローアウトパネルに就いてのウィキペディアの解説は、何方が書かれたのか知りませんが、1号炉にも、ブローアウトパネルが有ったとの誤解の上で、 理論展開されて居て不適切です
 2号炉のブローアウトパネルは、パネルが外れて開いた窓の下に、パネルが落ちて居るので、偶然外れたか、意図的に外されたかまでの証拠は有りませんが、 窓が開いた事で、建屋が水素爆発しなかった事は確かです。 しかし、3・4号炉建屋のパネルが、爆発時に開いて居たか閉じて居たかは、視覚証拠も無いので全く不明です。 4号炉の パネルと見做されていた落下物は、私が、視覚的に比較検討した結果、パネルの南隣の壁シートである事が判りました

 

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110320/DDD.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110320/UUU.jpg

4号炉のブローアウトパネルと見做されて居た壁
引き千切られて居る <画面クリックで広域拡大

2号炉のブローアウトパネル落下状況
 切り落とされて居る <画面クリックで広域拡大

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110312/110312NHKComp2ss.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110312/110312NHKComp2s2T.jpg

4号炉のブローアウトパネルが有った東面

4号炉のブローアウトパネルが有った東面に書き込み

 

 2号炉建屋以降に、ブローアウトパネルがセットされたと云う事は、
「万一にも大丈夫」だった筈の原子炉爆発が、実際は「非常に危険な物で」、この危険性を、2号機建設設計時には、東電は知って居たと云う事です。 と云う事は
 非常に危険な物は絶対に作らない」として居る原子力基本法違反です
 この事を「百も承知」で、東電に福一原発2号機以降6号機まで造らせたのは自民党。
 そして、「万が一にも大丈夫」だったのに、「千年に一度の大地震」で4機が爆発してしまったのです。
 故に、自民党は、善良な日本国民の敵

 
犬・あっち・行け」と揶揄すべきNHKもが
間接的に私の説の正しい事を認めて居る

 

 

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110312/5519735150_d55488e3c2_o1s.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110312/110312Light-s.jpg

NHK撮影の大地震翌朝の福一原発(オリジナル
画面クリックで拡大

NHK撮影の大地震翌朝の福一原発(明るさを調整
画面クリックで拡大

 

 NHKが駄目なところは、上掲2枚の画像を比較すれば簡単に判ります。 「臭い物に蓋」を、地で行って居るところです。 排気塔の影から察すると 午前9時前後に写された事が判ります。 『原子炉建屋、タービン建屋からのハレーションを抑える為の処置』と答えるのでしょうが これでは、暗過ぎて、「最適化処理」をしなければ、地震被害・津波被害が、どの程度及んで居るのかさえ充分に判りません。 『1号炉北側(右側)の、 道路を塞いだタンクの向こう側(旧事務棟前)が、池の状態に成って居る(水没して居る)事さえ、他の画像と冷静に比較検討できる立場の者でなければ判らない 建屋の影と見間違える)偽装・改竄の結果だ!』とさえ言えます。 『道路を塞いで居るタンクが、津波で、この場所まで運ばれて来ながら、何故、退き波で海へ戻されなかったのか?』の疑問に対して、画面右外側の、小駐車場や、Cask建屋が、この時点で、どんな状態だったかを知って居る者でなければ、 『活断層が動いて、「海高陸低」の段差・陥没が起き、この段差・陥没が、タンクを此処に押し留めた。』との正解を出しようが無い事を知って居て、敢えて、正解を出せなくして居るのです。 

 この事実を、多くの皆さんに知って貰いたいので、とりあえず作成したのが、上掲右の画像です。 此処まで画面を明るくして 上述が事実である事が見えて来ました。 つまり、NHKも、決して「皆様のNHK」ではなく、朝毎読等々同様、東電と政府に遠慮して、と云うよりも、NHKは NHKが保有している東電社債 が紙屑になっては困るので 国民に本当の事を知らせなかった共同正犯なのです
 メーカーならば欠陥商品はリコール対象です。 すなわち、NHKは、国民に視聴料を取って情報を提供して居るのですから 情報を正しく修正すべきです。 出来なければ、万引きは、盗んだ物品を返しても、罪は罪ですから、『刑務所へ行け!』です。 

 

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110312/Tank.gif

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110312/Manhole.gif

NHK撮影の大地震翌朝の福一原発(漂流タンク

NHK撮影の大地震翌朝の福一原発(マンホール

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110311/DGTankOpt-s.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110311/120911_220-Ss.jpg

漂流タンクは段差で留められた#1<画面クリックで拡大>

マンホール周辺が地盤沈下#1<画面クリックで拡大>

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Flickr/A-image212s.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110311/120911_218s.jpg

漂流タンクは段差で留められた#2<画面クリックで拡大>

マンホール周辺が地盤沈下#2<画面クリックで拡大>

http://yoshi-tex.com/Fuku1/111119/Tank-496.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110311/120911_216s.jpg

漂流タンクは段差で留められた#3<画面クリックで拡大>

マンホール周辺が地盤沈下#3<画面クリックで拡大>

 

 左側の動画と3枚の静止画に就いて
 漂流タンクは、1号炉建屋にカバーを掛けるに当たって、道路脇に片付けられました。
 嘘吐き東電は、此処で、段差が丸見えに成って、それに由って、段差が、直下型地震に因る、「活断層露頭」である事がバレて、国民の「反原発・脱原発・卒原発」 大合唱を招かない為の対策として、#3(山側から見て居る)の写真が公開されたのは、1号炉カバー掛け工事が終って1ヶ月以上も経った2011年11月19日です。
 道路を遮る堤防状の構造物は、漂流タンクを移動させた後に作られた物である事は、#1(海側から見て居る)の写真で、タンクがぶつかって居る箇所は、 道路そのものの基礎部分であり、堤防状の構造物ではない事で判ります。 尚且つ、堤防状の構造物は、その向こう側に見えるクレーン車のキャタピラ部分が 堤防上の構造物に隠れて見えない事から、道路面上に、新たに構築された物である事が、コンクリートと地盤との、色と質感の違いで明白です。
 実際の段差は、コンクリート部分から堤防上の構造物部分を引いた道路基礎部分と、その下の地盤部分及び手前の「海側に上って居る」部分とを、足した高さです。
 タンクを移動させる為に、一度は、道路面まで盛土され、緩やかな斜面に(証拠隠滅)されたと推察します  しかし、その後の、度重なる余震で、盛土が、その都度沈下して 段差が再び露頭したところを写したのが、#3から得られる正しい情報です。
 #2は、福一原発敷地に上陸した津波が、東電が云う様な、『何度も何度も、均一に襲って来た。』ものではなく、プロセス建屋の南側から上陸した漂流コンテナトラックを 載せた津波が福一原発敷地内を北上して、旧事務棟前で、遅れて1号タービン建屋北側から上陸した漂流タンクを乗せた津波と衝突した、①二つの津波の先頭の衝突、②北側からの 津波が南側の津波の勢いに押し戻されて漂流タンクが段差に激突、③南側津波に載って居た漂流コンテナトラックがタンクに激突と云う、3度の大波頭の③のシーンが、 実際にあった事の視覚証明を成して居ます

 右側の動画と3枚の静止画に就いて
 NHKは、自己保有の東電社債を紙屑にしたくないので、また、東電・電事連・原発産業・電気労連等々から政治資金を受けて居る国会議員の怒りを買っては、 視聴料値上げも思うままに成らないので、国民の命よりも悪魔な東電に更なる「思いやり」をする「確信犯罪者」でした
 松林の影に隠されて居た何かは、マンホールがド派手に突出した(マンホールは、配管に支えられて現状維持を守るので、正しくは、マンホールの周囲が地盤沈下した)状況でした。
 この情報操作をも、削除して得られた、NHK撮影の写真の最適化画像は、このような物です

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110312/110312NHK1k.jpg

自然を嘗め過ぎて、海に面した出入口を設けて、津波に破られたのは、想定できる人災! <画面クリックで拡大

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/BBC3s.jpg

2011年3月11日22時26分、自衛隊撮影の近赤外線カメラの映像 と整合性が取れる
このシーン(実際は動画)は、海外では、BBCではなく、NHK撮影とされて居る

大スクープだったのに
NHKは、親・東電派議員の反発を恐れてBBCに売った

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/BBC0s.jpg

2012年3月12日14時<1号炉爆発直前>の1・2号炉排気塔 <画面クリックで動画「Inside thr Meltdown」>

1号炉から、1・2号排気塔・1・2稀ガス処理装置建屋への弁は、停電で開きっ放しだった!
逆光だから、陽炎・湯気・蒸気が撮れた

福島中央TVの爆発シーンに写って居ない陽炎・湯気・蒸気が、撮れた理由は、これに尽きます

しかし、NHKが撮った事を明示して居る映像は・・・、

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/DSC00744.jpg

順光しかも1・2号排気塔の先端を巧妙にカット
視聴料を徴収するに足りる資格が無いインチキ

 画面比較は私も多用しますが、真摯に比較するならば同じ向きに揃えるのが当然。 尚且つ、爆発シーンの紹介を巧妙に避けて居ます! これでは 『1号炉建屋は気付いたら鉄骨だけに成って居ました。』と云った雰囲気です。 小学生でも利口な子ならば、こんな嘘塗れの表現をしません

  
イヌアッチイケですから日本では見られませんが、ドイツでは未だネットに在りました

私は先が短い老人だから醜い日本に然程未練は有りませんが
これでは日本は滅びます
懸命に米語を勉強すれば、米国植民地に成っても何とか生き延びられるでしょうが
老人に理解できない偽日本語しか話せない若いあなたはどうしますか
奴隷解放で南北戦争までした国の奴隷に成りたいですか
奴隷制度は廃止したけれども奴隷以下ならば法律違反ではないとされたらどうしますか

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1B/U1B.gif

 しかし、このニュース動画に、1号炉が、光を発して爆発したとの視覚証拠と成し得る駒(フレーム)が存在して居るとは予想もしませんでした。 22ヶ月間も 騙されて居ました
 この動画の、広角(広視野)から望遠(拡大)への切替えが、何故、この画像直後に行われたのかに就いて、気付きませんでした。 当初は、東電が、其処まで悪魔だとは考え なかったので、注意を怠り、深追いしませんでした。 此の直後に、光を発して居る駒が在れば、人の動体視力は、鷹のように鋭くないので、情報操作に嵌められたと云う訳です

 動画の恣意的な編集は
核=原爆=ピカドン」を連想させる事への回避策

 『原発事故罹災者が裁判で勝つ為には、証拠の99.999%を、東電と政府とに因って、消滅または隠蔽されて居る現状を重々承知の上で、それでも、 敵が不用意に漏らして居る有意な視覚証拠を最適に組み合わせて、これを最大活用すると云う発想で立ち向かわなければ成りません
 既に、陳腐化して居ると見做されて居る発言・提言・静止画・動画をも、執拗に極限まで精査しなければ勝てないのです
 
 1号炉が制御棒挿入で核分裂反応が、「一応」止まったものの、直下型地震活断層露頭(段差・横ずれ、陥没・隆起等々)の所為で、不完全挿入箇所が在って、崩壊熱除去に 「何とか足りて居た」冷却システムを上回る「再臨界状態」に到って、光を発して、衝撃波を発し、水素爆発を励起させてしまった事を、東電または政府の誰かが直感して、 「敢えて」、光を発するシーン直前で画面を切り替えれば、「光を発する=核爆発」を気にして居る国民の目を「効率良く」且つ「改竄して居る」と攻撃される事なく、 国民の目を逸らせ得ると考えたのではと、閃いて 悪魔の閃き」に勝る「閻魔の閃き」と「天使の閃き」とで、徹底的見直し 読み直しをしました。 この結果、「著作権」を理由に消去された動画の、消去時期追及も、裁判で勝つための強力な武器に成り得ると気付きました

 

安倍内閣に変わって、更に悪化した情報操作

 

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/PikaDon-s.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/PikaDonOpt-s.jpg

解析可視化処理前 <画面クリックで拡大

解析可視化処理後 <画面クリックで拡大

 

 左の画像の、1号炉建屋の5階に見える白い部分は、輝点を伴った光であった事が、強力な解析可視化処理に拠って復活しました。1号機は、 制御棒挿入が不充分で、核再臨界爆発が起き、これが大規模な水素爆発の導火線と成ったと想われます

http://yoshi-tex.com/Fuku1/BBC-U1.jpg

BBCニュース <画面クリックで動画にジャンプ

 BBCニュースが冒頭0.5秒経過時に1号炉爆発時の光を良好に捕らえて居ました。しかし、この閃光は、上述とほぼ同じ理由で、一般人だけでなく、 ガンダーセン氏も、バズビー氏も、小出氏も、武田氏も、冒頭からの、スローモーションでの見直しは、されなかったらしく、今日まで、見逃されて来たと云うのが、 本当のところの様ですね

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110320/110320F-s.jpg

2011年3月20日の1号炉建屋の南面 水平の鉄骨が脱落した箇所が発光源だと思います
<画面クリックで72006800画素の広域>

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Unit1/65s.jpg

2011年3月12日18時15分 1号炉建屋北面と西面 南面以上鉄骨が打っ飛んで居ます
画面上にゴミ状に写って居るのはカメラ撮像子に飛び込んだ放射線単なる「水素爆発」ではない事の視覚証明です

 
東電は、国会事故調・田中氏を潰せば
津波天災で押切れると踏んで居るようだ

 

東電と政府関係機関と悪徳報道の癒着構造が見え見え

http://yoshi-tex.com/Fuku1/130510.jpg

東電は偽物だと証明する方が本物だと証明するよりも難しいと云う事を知らないらしい
嘘吐き東電の『データが在りました。』との2年以上も前のデータを、『本物だ。』と誰が証明して居るのか
2013年5月10日の東電広報の図 <画面クリックでPDF

東電は、東電擁護派の原子力技師に援護文を書かせて居ました
恰も、仙谷の友人弁護士が『小沢は黒!』と書いたように
エンジニアの視点 本音-木村芳幸のブログ 

 実は私は、ブロガー。木村さんが得意気に書かれて居る「人(操縦士)・物(航空機)・事(フライト)・時・所」の一括安全思想と此の目的に適う技術 (情報セキュリティー)」の黎明期(米国・1970年代)に、システムの「安全保障(ソフトの安全保障=暗号、ハードの安全保障=再帰)」だけでは、想定外の「
     
人(ミス・ポカ・早合点・錯覚)・
     
物(ガラス化・金属疲労など)・
     
事(バグ
の瑕疵を完全に防げないとの研究開発に重大に関わって居ます
 此の重大度が、どの程度かは、この目的の樹幹(=基盤)特許の発明者が私である事で推察して下さい   此れに就いての詳細は、こちら

 つまり、ブロガー・木村さんは、次に紹介する、国会事故調で技術的な疑問解明に関わられた田中三彦さんの講演の最後の方に登場する「航空機事故」に就いての セーフティーに就いての説に「当てこする」形で、田中さんが原発産業から「足を洗われた」以後の知識で、『田中さんの知識は古く、最新のセイフティー知見を持ってしても 津波は天災で防げなかった。』との、ナンセンスな東電擁護論を展開されて居るのです

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Video/Tanka.jpg

田中三彦さんの講演動画、<画面クリックで動画へ

 東電とブロガー・木村さんとが攻撃して居る田中さんの「地震人災説」が解る動画は此れです

 

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Video/Tanaka-1.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Video/Tanaka-2.jpg

INsideOUT 1 <画面クリックで動画へ

INsideOut 2 <画面クリックで動画へ

 

 
で、東電とブロガー・木村さんが企図した目的は
田中さんの「地震で非常用復水機が壊れたのでは?」との説を潰す事
 

私は真逆田中三彦さんを私独自の解析可視化処理技術で応援

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/U1IC50s.jpg

規制庁公開写真は、東電よりはマシですが、暗過ぎるので・1 <画面クリックで拡大

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/U1Duct50s.jpg

規制庁公開写真は、東電よりはマシですが、暗過ぎるので・2 <画面クリックで拡大

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/U1Duct2s.jpg

規制庁公開写真は、東電よりはマシですが、暗過ぎるので・3 <画面クリックで拡大

明るくしたら、見えて来きた「放射線の撮像子への写り込み

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Video/Fuku1NHK130530s.jpg

NHKはこんな扱い。 しかし紹介動画 の1駒を、 私独自の解析可視化技術で処理すると
この1駒にも、少なくとも3箇所の放射線が写り込んで居ました! <画面クリックで拡大

福一1~5号炉と同型の原子炉の図解

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Unit1/no40_oyster_creek-s.jpg

福一原発1号炉~5号炉と同型原子炉の非常用復水器(IC)の場所=⑩<画面クリックで拡大

民放も、時には、マトモな情報を流す

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Video/Somosomo.jpg

非常用復水器を話題にしたTV番組 <画面クリックで動画   此のTV番組を文字起こししたブログ

 此の動画は、他に重要な二つのシーンが含まれて居ますが、流すべき情報不足でなのか、残念ながら深追いされませんでした。 私は、此処を徹底追求して 初めて東電の欺瞞が完膚無き所まで暴かれると確信して居ますから、関係者が更なる追求をされる事を願います
 その一つは

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Video/SomoSomo1.jpg

川内博史さんは、現前元国会議員中、最も有言実行の人

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Video/Kawuchi130328s.jpg

川内博史さん撮影の動画 の1駒を解析可視化処理してみました!
画面クリックで拡大

 川内さんは、4階で水素爆発の可能性を、地震原因説と共に上げて居らっしゃいますが、この画像で見る限り、5階で水素爆発したと見做し得る膨らみが天井 (=5階床)に見られます。 しかし、この爆発を引き起こした「きっかけ」は、既に述べて来た通り、疑いなく地震です。 規制庁が、見越しを上げたのも、川口さんの行動が 捨てて置けない物だったからだと思います! 其れが、恐らく、規制庁の意にも反した、地震の視覚証拠の「写り込み」だったと感じます

http://yoshi-tex.com/Fuku1/U1/U1DuctOpt.jpg

規制庁公開写真は、東電よりはマシですが、暗過ぎるので・2 の左上隅部分の明度を上げ、ボケる限界まで拡大

 オリジナルでは、暗くて見逃すのが当然ですが、私の、福一放射能罹災者応援のレベルは、「東電相手の裁判に絶対勝つ」事ですから 此の執念が途切れない限り見逃しません
 太い梁が罅割れて居ます! この罅割れの状態から、この材質が、金属ではなく、コンクリートだと判ります。 尚且つ、川内さんが写された「爆発に因るコンクリートの 破壊」状態でもない事から、私が指摘し続けて居る「3.11大地震に連動した直下型地震」で生じた(藤色で図示して居る)活断層露頭(段差)が、此の罅割れの元凶である事まで、 一気に結論着けられます

 此の拡大写真を
私が「視覚証拠」に成ると言って居る最大理由は

東電が「福一原発敷地内には活断層は無い」と断言して居る事を切り崩す為の、「手掛かり、足掛かり」が、東電に因って徹底して隠されて居る現状では、 地割れ、段差道路の陥没、建屋周辺の地盤陥没、土砂崩れ等々の写真は、既に「出所が確認出来る形で」私も多数保有して居ますが、 建屋そのものの、 「爆発」ではなく 「地震」に因ると見做される罅割れについては、1枚も持ち合わせて居ませんし、 規制庁撮影公開の写真も、新聞から得たものは、私が指摘して居る部分は、どれも「とても暗く」、 かつ、小さく、当初は、爆発で剥き出しに成った鉄筋か、何らかのケーブルが垂れ下がって居るのだと見做して居た錯覚を完全排除できたところです。
 此の錯覚を除去で来たのは
此の新聞各社の写真を、「司法証拠性」を損なわないように、主観ではなく、あくまで、数理科学的厳密さ(=全自動解析可視化処理)で比較すると、明るさ、コントラスト、 等々が、各新聞者のCGオペレータに因って、何らかのCGソフト(お絵描きソフト)を使って、恣意的に調整(=偽装・改竄)されて居る事が判ったからです。
 此の改悪要素を省いたところ、本当のオリジナル画面を再生でき、拡大する事で、鉄筋やケーブルの類ではなく、コンクリートが地震の激しい揺れで罅割れたと見做し得る特徴を 確認できたと云うことです。 それ故、私は「視覚証拠」だと言って居るのです。 裁判で使われる「司法証拠」は、「裁判官立会いの現場検証で撮影されるべき」と考えます
 しかし、この発見が、「2号炉、3号炉、4号炉の東電情報も怪しいのでは?」との疑念に火を着けた事は事実で、東電擁護派のクラッカーからのHP,Eメール、FB、 TWへの妨害が物凄い事から、彼らの慌てっぷりも物凄い事が判ります

 其処で、川内博史さんへのお願いです
 折角「大物搬入孔(ハッチ、吹き抜け)」に注目されたのですから、此の注目先を、4号炉と3号炉へと、拡張して欲しいのです。 4号炉は此のハッチの蓋が 外されて居た場合は、先ず、何らかの爆風がハッチを噴き降りて、停車中のトラックを扉を壊す所まで押し出したと見做せます。 5階天井(=屋上)が 先に壊れて居れば、爆風がトラックを押し出す事は絶対に有り得ないからです
 しかし、5階天井が先に壊れて居ても、ハッチの蓋が閉じて居れば、東電が言い募るように、太い配管ではなく、細い配管経由で、4階に水素が充満して爆発してトラックを 押し出す可能性は、ナンセンスですが、ゼロではありません。 此処を調べて欲しいのです

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Flickr/U4image205.jpg

 二重扉構造の出入口の壁が、外部に膨らんだ形で壊れて居る事から、トラックを扉外まで押し出して止まった此の爆発は、4号炉建屋屋上が丸く膨らんだ爆発と 同一時刻だと断定できます

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Unit4/pict51a-s.jpg

 4号炉は、東電もアレヴァ社もガンダーセンさんも、核燃料プールが爆発源として居ますが、枝野が言う2回目の爆発直後の写真を見る限り、爆発は、 原子炉を軸にして対称形を成して居ます。 東電と政府に嘘が有ります。 無い事に成って居る原子炉に核燃料が有って爆発に到って居ます

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Thermo/20110518A.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Thermo/20110323-4A.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Thermo/110323ThermoU4T.jpg

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Thermo/U4Thermal-sT.jpg

 制御系を失った4号炉は、冷却水を、通称「象」と呼んだ世界最大のコンクリートポンプ車で水を注入し続ける事で、此れ以上の発熱を抑えて居たとの 証拠がこの画像です。 しかし、防衛省が独自に行って居た感熱写真撮影作業も、防衛省も政府組織である以上、政府方針に従わずに居られなくなり4月26日で途切れました。

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Flash/0508T.jpg

 しかし、5月に入って、此の物凄く怖い映像。 4号炉も激しく噴いて居ます。 4号核燃料プールは噴いて居ません。 この写真で、更に注目すべきは 人工照明が当たらない事で、良く見えなかった1号炉5階の鉄骨部分が、1・2号稀ガス処理装置建屋の閃光で鮮明に写って居る事。 此れが、稀ガス処理装置建屋からの光である事の 「逃げられない」証拠として、1号炉5階鉄骨部分の西面の中央部分に、3.4号超高圧開閉所からの電気を受ける送電鉄塔がシルエットで写り込んで居る事です。

 川内博史さんにお願いしたい二つ目が、此の1・2号機稀ガス処理装置建屋の爆発の異常性を田中三彦さんと共に解き明かして貰いたい事です。
 と、同時に、このページ冒頭からの主題である「1号炉建屋から発して居た閃光」の直下が「非常用復水器」のタンクであり、このページで特集した幾枚かの画像で見る限り、 その後に発する白煙ではなく微細な核爆発(東電発表の通り全制御棒挿入との言葉を重視すれば再臨界爆発)した黒煙と見做し得る謎です。 4階の「非常用復水器」の配管が、 3.11大地震に連動した地域直下型地震の「非線形な揺れ」に抗し切れず、此の為に、原子炉が黒煙を出し始め、この一部が、地震で既に罅割れだらけに成った何処かから5階に 充満して居た水素に引火爆発させたと見做せます
 此の、閃光・黒煙⇒白煙との流れは、爆発メカニズムは1号炉・3号炉も同じです。
 異なる所は、爆発規模と、 上述して来た様に、地震直後から「開け放し状態だった」排気管・排気塔経由で、1・2号炉から1・2号稀ガス活性炭式ホールドアップ装置に 充満して居た放射能物質に、3号炉爆発が、猛烈な中性子を降り注いで、二次的な「核連鎖爆発」を引き起こさせた事だけです。

http://yoshi-tex.com/Fuku1/RareGas/Fiickr-s.jpg

稀ガス処理総理建屋(手前が1・2号対応。此の屋上と右側に覗いて居るのが3号対応)

http://yoshi-tex.com/Fuku1/110410/110410-T-hawk4T.jpg

<画面クリックで、僅か2秒の動画の繰り返し> 何故、稀ガス処理装置建屋で噴いて居るのかを考えて下さい

 どうしても、目は、ド派手な、3号炉の噴出しへ向いてしまいますが、WMV動画が見られる環境であれば、上掲の画面をクリックして、 僅か2秒の動画をご覧下さい。 余りに短いので、メディアプレイヤーの「連続再生」をONにセットしてあります

 
http://yoshi-tex.com/Fuku1/RareGas/RareGas1104.gif
 

念の為に、100ミリ秒間隔の1駒を250ミリ秒間ずつ見せるGIF動画

http://yoshi-tex.com/Fuku1/RareGas/AnimeGIF/RareGas140PT.jpg

東電が最も隠す=私が此れを執拗に暴く「稀ガス処理装置建屋

 原子炉も核燃料プールも無い「1・2号稀ガス処理装置」建屋の「自発爆発」箇所からも、1ヶ月経っても噴いて居た 事実を確認して下さい。 たまたま、カメラが切り替わった時に、偶然噴いて居たのではなく、其れ以前から、3号炉、3号FST(=フィルタースラッジタンクと連動して噴いて居たであろう事は、上掲画像の水色の文字列から察して下さい。
 道路上のマンホールの蓋が、悉くぶっ飛んで居る事と、3号炉と、蓋のぶっ飛んだFSTタンクとシンクロして噴出して居るように見えますから、 国民には秘密の地下通路か  少なくとも、放射能物質が自由に行き来できる、地下配管があるのではと勘繰って居ます

 浪江町などで、1号炉爆発前に、テルル132(132Te)が検出されて居た事に就いて、この動画は一つのヒントを与えてくれました。  原子物理学の正道を踏み外さなければ、132Teが浪江町などで検出されたのは、136mXeα崩壊か、 132Cd132In132Sn132Sbとの(「⇒」で略記した)β-崩壊を4回繰り返した結果しか考えられません。
 結論は、132Cd136mXeが何処から(どの元素から)発生したかです。 132Cdについては、3.11夜の 自衛隊撮影の動画 に拠って、全停電で 弁が開き放しに成った1・2号排気塔だと判ります。 136mXeは、元来ガスですから、Cdよりも排気塔から出易いですが、ほぼ安定の136Xeとの兼ね合いと、 稀ガス処理建屋に面した崖の爆発痕が136Baで、一昨年のふくいちカメラで見られた閃光源が136Csである事の原子物理学的説明が着くと考えられます。 しかし 238Uや、239Puからβ-崩壊と中性子捕獲を繰り返し、NpAmCmなどからα崩壊を繰り返して核分裂した133Xeなどからと云う事も 充分考えられます。 この辺りを再度おさらいして、出来る限り早く正解を出したいと考えて居ます

此の日の「そもそも」の
こちらの指摘に就いては

http://yoshi-tex.com/Fuku1/Video/Somosomo2.jpg

私がグーグルアースの3D機能を活用して此処まで暴きました。

http://yoshi-tex.com/Darouka/Onagawa/Onagawa3.jpg

歪みを10倍に強調した女川原発・A 二度の大地震で地盤が不同沈下して居ます

http://yoshi-tex.com/Darouka/Onagawa/Onagawa1.jpg

歪みを10倍に強調した女川原発・B 二度の大地震で地盤が不同沈下して居ます

http://yoshi-tex.com/Darouka/Onagawa/nagawa5.jpg

歪みを10倍に強調した女川原発・C 二度の大地震で地盤が不同沈下して居ます

http://yoshi-tex.com/Darouka/Onagawa/Onagawa120304-C.jpg

歪みを10倍に強調した女川原発・D 二度の大地震で地盤が不同沈下して居ます

http://yoshi-tex.com/Darouka/Onagawa/Onagawa120304-B.jpg

歪みを10倍に強調した女川原発・E 二度の大地震で地盤が不同沈下して居ます

http://yoshi-tex.com/Darouka/Onagawa/Onagawa120304.jpg

歪みを10倍に強調した女川原発・F 二度の大地震で地盤が不同沈下して居ます

http://yoshi-tex.com/Darouka/Onagawa/Ongawa.gif

歪みを10倍に強調した女川原発・G 3DCG画像を重ねてみると、此の通り!

 女川原発は耐震基準超えの揺れを二度も経験して居る事が、歪みを10倍に強調した画像に拠って、此の恐ろしさを一層身近に感じます。 「(G) 僅か2画像のGIF動画」は、3DCGの建物全体を見るのではなく、土台(=基礎・基盤)部分のみ注目すべきです。 そもそも、「衛星写真撮影時期とCGの基と 成るデータ取得時期とがずれて居る」事に着目して、その変動量から地震に因る地殻変化の動静を探るのが目的ですから、CG建物の上部は、『もしも、タイムマシンで、 宮城県沖地震直前に逆戻りして、此の高度・方角で実際に写真を取ったら、こんな具合に見える筈。』程度に役立てて下さい

 
http://yoshi-tex.com/Darouka/Shika/HokurikuDenryoku.jpg
他の原発同様、嘘塗れだった
 

http://yoshi-tex.com/Darouka/Shika/ShikaAir-s.jpg

能登地震で耐震限度超えの北陸電力志賀原発 <画面クリックで拡大

 一見したところでは、何の問題も無い様に思えますが・・・

http://yoshi-tex.com/Darouka/Shika/ShikaGenpatsu2.gif

接近すると、赤色、水色、黄色、青色の4群に大別できる地震痕跡らしき物が見られます。

http://yoshi-tex.com/Darouka/Shika/Shika2.gif

地震痕跡らしき物が、地震痕跡と見做される最大条件「二群が直交して存在する事」を満たして居る

http://yoshi-tex.com/Darouka/Shika/Shika3.gif

海岸の岩石の亀裂に注目すると、赤色と水色の活断層群(破砕帯)である可能性が更に強まります

http://yoshi-tex.com/Darouka/Shika/Shika4.gif

3D解析の結果は、海岸線に平行して3段~5段、階段状に地盤沈下が認められます。

http://yoshi-tex.com/Darouka/Shika/Shik44.gif

地盤の隆起と陥没とが同時に於き建屋に歪が発生! 明らかな直下型地震の仕業

 私独自の解析可視化処理技術を厳格に行うと、地震学会の通説以上に厳しい結果に成りました
 北陸電力も、電力会社の一員ですから、例に漏れず、酷い情報隠蔽を繰り返して居るようです。 国民目線に拠る、監視網構築が絶対不可欠です

 
http://yoshi-tex.com/Darouka/Kashiwazaki/KashiwazakiLogo.jpg
直前の志賀原発の地震事故が知見として何ら活かされなかった結果
これは、人名軽視・金儲け第一の、東電の所為
それ以上に、第一次安倍内閣の理念が歪んで居た所為

これらが福一原発事故を招いた最大の元凶
 

http://yoshi-tex.com/Darouka/Kashiwazaki/KashiwaNW.gif

柏崎刈羽原発の7炉は、中越沖地震の影響で、どれもこれも酷い歪みを抱えて居ます。
縦横約半分の、縮小版は、こちら

此の重大事を事故当初から指摘して居る有識者の一人が
田中三彦さんです故に東電も政府も田中さんを恐れる訳です

http://yoshi-tex.com/Kashiwazaki/Chuuetsuokijishin.jpg

画面クリックで、田中三彦さんら「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」の声明


東電に打ち勝つ為には

東電と政府とが「如何に悪であるか」の証拠を

推認ではなく、実物を突き付ける事が、何よりも重要です

一週間を超える執念の捜索で

国民の生命よりも金儲けを第一とした東電の

自分勝手な広報文書を数多く発見しました

東電が、福一原発事故を
あくまで「津波天災」と言い募らなければならない最大理由は
柏崎刈羽原発の事故原因を「地震人災」から遠避けた
安倍(第1次安倍内閣)に、重大責任が及ぶから

ふくいち死亡原因

真の民主主義ではなく、多数の横暴主義で云うと
東電や政府が云う水素爆発かも知れませんが

1号炉は老衰(=金属疲労で鋼鉄のガラス化)で死期が近い所を
地域固有の直下型地震で急性心不全(=止めを刺された)。

2号炉もヨボヨボだったので段差でつまずいて転び、打ち所が悪くて
(=活断層段差で)腰砕け複雑骨折で汚染物垂れ流し

3号炉は地震で、大動脈瘤破裂(=水素爆発を伴っていますが
ウランより低温で熔融のプルトニウム核爆発
付属設備と稀ガス処理装置建屋を核連鎖反応爆発させて居る)。

4号炉は無い筈の原子炉に、核燃料が残って居て
又は、早めに定期検査を打ち切って核燃料を入れ直して
炉と容器の蓋をせずに、何か怪しげな内職仕事をしようとしていた所を
地震で取水口を破壊され核臨界爆発(云わば、信号無視暴走事故死)。
信頼の法則」無視(法令無視)がバレると拙いので
4階を、水素爆発のように見せ掛け(米軍のオトモダチ作戦で爆破)。

・・・ですね

ブラウザの「戻る」で戻って下さい

当ページの内容は著作権で保護されています著者に断り無くコピーしないで下さい
Copyright 2011,12, Kiyoshi IWATA & AESOP Corp., All rights reserved.